ロングヘアーだと抜け毛が多いって本当!?その理由とは

女性の髪形はさまざまですが、ロングヘアーにしている人も多いのではないでしょうか。ロングヘアーは髪型のアレンジがしやすいですから、色々な髪型を楽しみたくて髪を伸ばしているケースも少なくありません。しかし、髪が長いとショートの頃よりも抜け毛が多い気がすると悩んではいませんか。

今回は、ロングヘアーと抜け毛について見ていきます。

ロングヘアーだと髪は抜けやすい?

髪を伸ばしたら短かったときよりも抜け毛が増えた気がする、と感じている人は少なくありません。これは、髪の長さが影響しています。人間の髪は、健康な状態であっても一日に50本~100本程度は抜けると言われています。

しかし、ロングヘアーとショートヘアー同じ本数が抜けたとしても、見た目にはロングヘアーのときの方が抜け毛が多く見えてしまうのです。髪の長さが10cmの人の50本と50cmの人の50本では、50cmの人の方がたくさん抜けていると感じてしまいます。

このことから、髪が長いと抜け毛が多くなりやすいという印象を持つ人が多いのです。『関連リンク|水戸中央美容形成クリニック|薄毛治療福島

実際には同じ量抜けていても、見た目に惑わされてしまうということでしょう。しかし、実際にロングヘアーにして分け目が気になりだした、髪が薄くなっているような気がすると感じている人もいます。見た目だけの問題ではなく、抜け毛が実際に増えてしまういくつかの原因がロングヘアーにはあるのです。

頭皮が蒸れる

ロングヘアーの場合には、どうしても頭皮が蒸れやすくなります。ロングヘアーの場合には髪の量が多くなりがちなので、風通しが悪くなってしまうのです。抜け毛予防のためには頭皮を清潔で健康な状態に保つことが重要なのですが、蒸れてしまっていると細菌が繁殖しやすくなります。

細菌が繁殖することで、頭皮を清潔な状態に保てなくなり抜け毛が多くなる可能性が高いのです。

シャンプー時にも問題が!

髪が長いとそれだけ汚れが付きやすくなります。そのため、ロングヘアーの場合にはよりしっかりと髪を洗う必要があるのですが、髪が多いことで頭皮が洗いにくいという問題があります。シャンプーは髪についた汚れを落とすことも目的ですが、頭皮の汚れや皮脂などを洗い流して清潔な状態にすることが一番の目的なのです。

ロングヘアーの場合には、髪が邪魔で頭皮が洗いにくいので十分に汚れを落とせていないケースも少なくはありません。また、洗った後も重要になります。髪を洗った後には必ずドライヤーで乾燥させることが求められます。

前述したように、頭皮の蒸れは細菌が繁殖しやすい状況を作ってしまうので、しっかりと乾かすことが重要なのです。しかし、髪が長いとドライヤーをかける時間も長くなります。そのため、半乾き程度でやめてしまう人もなかにはいるでしょう。

このような状態だと、せっかく髪を洗っても清潔な状態を保てませんから抜け毛が多くなってしまうのです。

髪の重みで毛根がダメージを受ける

髪の重みが毛根にダメージを与えるというのは、なかなかピンとこない人もいるでしょう。しかし、髪が長いとその重量は頭皮や毛根の負担になってしまうのです。ロングヘアーからショートヘアーにした場合に、頭が軽くなったと感じることが多いです。

これは、普段は意識していなくても髪の重さが負担をかけているということになります。髪は下に向かって伸びていきますから、頭皮や毛根が髪の重量で下に引っ張られていってしまうのです。腰まで来るようなロングヘアーの場合には、引っ張られる力も強くなりますから、髪が抜けやすくなってしまう可能性も否定できません。

ヘアアレンジで抜け毛を誘発?

ロングヘアーの場合には、さまざまなアレンジをして楽しんでいる人も多いでしょう。このヘアアレンジが抜け毛を誘発する場合があります。特に、毎日髪をきつく縛っているようなスタイルを続けている人は要注意です。このようなヘアスタイルを毎日していると、「牽引性脱毛症」を発症してしまう可能性があるのです。

牽引性脱毛症とは、女性に多い脱毛症の一種です。髪の長い女性は、髪が邪魔にならないように結んでいることも多いでしょう。一時的なものなら問題はないのですが、毎日長時間同じ髪形を続けていると牽引性脱毛症になる可能性が高いです。

髪を長時間結んでおくことは、頭皮を圧迫する行為になります。これを続けていると頭皮の血行不良が起こってしまうのです。血行不良も抜け毛の重大な要因のひとつですから、注意が必要です。ポニーテールやお団子なども強く髪を引っ張る髪型ですから、気を付けた方がいいでしょう。

ロングヘアーは切れ毛が起こりやすい

髪が長いと切れ毛が起こりやすいのも、抜け毛が増えていると思う要因のひとつです。髪が長いとどうしても髪同士が絡まってしまったりブラッシングによって切れたりしてしまうことが多くなります。切れ毛はシャンプーをしているときやドライヤー時に起こりやすいので、抜け毛が短いときよりも多くなっていると思いがちです。

抜け毛を気にせずロングヘアーを楽しみたい!対策は?

このように、ロングヘアーの場合には抜け毛リスクが高まることがあります。しかし、抜け毛を気にせずに、ロングヘアーを楽しみたいですよね。その場合には、しっかりと抜け毛予防の対策を取りましょう。まずは、シャンプーです。

ロングヘアーの場合にはシャンプーをより丁寧に行う必要があります。ロングヘアーだとシャンプーをするのも大変ですが、汚れをしっかりと洗い流すことを意識して髪を洗いましょう。頭皮の汚れを落とすことも重要です。

爪を立てると傷がついてしまうので、指の腹で優しく擦るように洗ってください。また、すすぎも大切です。シャンプー液が残っていると抜け毛の要因になりやすいので、シャンプーするときの倍程度の時間を使って丁寧にすすぎましょう。

ドライヤーもしっかり行ってください。ただし、一カ所にだけドライヤーの温風が当たるのは乾燥しすぎるので良くありません。ドライヤーをかける前に丁寧にタオルドライしておく、ドライヤーを小刻みに動かして一カ所にだけ当たらないようにするといった対策が必要になります。

髪型についても意識しましょう。毎日同じ髪形をするのは負担がかかりやすいので、やめた方がいいです。分け目を同じにしておくのも負担になりやすいポイントのひとつです。髪に負担がかからないような髪型をする日を作る、長時間髪を結ばないなどを意識しましょう。